FoodPro Preloader

紙を簡単に上昇させる2つの方法


もちろん、生花はそれらの完成度を驚かせるのをやめません。 しかし、残念なことに、美しいブーケは新鮮さと香りで長すぎて喜ばせることはできません。 代わりに、彼らは元の構成の内部を復活させることができます、そしてそれは長い間部屋を飾るでしょう。 これを行うには、たとえば紙から自分の手で何かを作るようにしてください。 バラの花 - 女王を作るための多くの方法があります。 2つの最もアクセスしやすくて単純なものを考えてください。 以下は、紙からバラを簡単に作る方法を説明したものです。 ボリューム構成の芽の作成 葉のついた茎にいくつかの花の標準的な花束を作るのがより伝統的です(写真1)。 この方法については、段ボール紙を使用した作業の説明の中でこの記事の後半で説明します。 しかし、何か変わったこともしよう。 円盤状に切り取られた台座に固定された一組の小さな芽の形の構図(写真2)は、非常に独創的に見えます。 組成物は、2つのタイプ、すなわち平坦なものと体積的なものから形成することができる。 最初のケースでは、すべての花は同じレベルになります。 しかし、それはもっと贅沢なボリュームハックに見えます。 だから、紙からバラを簡単に作る方法を詳細に検討してください。 使用材料とツール 仕事には簡単な色紙が必要です。 しかし、それはかなり濃いと両側に描かれているはずです。 カラーソリューションは完全に異な

もちろん、生花はそれらの完成度を驚かせるのをやめません。 しかし、残念なことに、美しいブーケは新鮮さと香りで長すぎて喜ばせることはできません。 代わりに、彼らは元の構成の内部を復活させることができます、そしてそれは長い間部屋を飾るでしょう。 これを行うには、たとえば紙から自分の手で何かを作るようにしてください。 バラの花 - 女王を作るための多くの方法があります。 2つの最もアクセスしやすくて単純なものを考えてください。 以下は、紙からバラを簡単に作る方法を説明したものです。

ボリューム構成の芽の作成

葉のついた茎にいくつかの花の標準的な花束を作るのがより伝統的です(写真1)。 この方法については、段ボール紙を使用した作業の説明の中でこの記事の後半で説明します。 しかし、何か変わったこともしよう。 円盤状に切り取られた台座に固定された一組の小さな芽の形の構図(写真2)は、非常に独創的に見えます。 組成物は、2つのタイプ、すなわち平坦なものと体積的なものから形成することができる。 最初のケースでは、すべての花は同じレベルになります。 しかし、それはもっと贅沢なボリュームハックに見えます。 だから、紙からバラを簡単に作る方法を詳細に検討してください。

使用材料とツール

仕事には簡単な色紙が必要です。 しかし、それはかなり濃いと両側に描かれているはずです。 カラーソリューションは完全に異なる場合があります。 しかし最良の選択肢は、もちろん、淡いピンクから紫色のマルーンまでの色合いの選択です。 あなたのレイアウトのために簡単な鉛筆、定規、はさみを用意してください。 花芽の製造中および速乾性の接着剤(「瞬間」など)に基づいてそれらを固定するために有用である。 工芸品の「フレーム」として、特定の重さの紙製品を貼り付けるときにその形状をうまく保つことができる厚紙材料を使用するのが最善です。 あなたが製造量産技術の技術を選択する場合、これは特に考慮する価値があります。 総重量に加えて、内層も追加されます。 彼にとって、あなたは(ローラーにさらに折りたたむことの必要性を考慮に入れて)手元に適しているものすべてを取ることができる:布、パッド、柔らかい紙または新聞。 優れた解決策は、非常に軽い素材であるフォームから必要な形状のブランクを切り取ることです。 組成物の最後の要素は、製品が壁に掛かっている軽くて幅の広いリボンです。

紙のバラを簡単に作る方法は? 芽の技術

  1. 紙から正方形を切り取ります。
  2. 次に、中心に点をマークし、らせん状の線を引き始めます。 コイルの側面間の距離は約1.5〜2 cmです。
  3. 線に沿って移動しながらワークを切断します。 中央には、小さな丸を付けずに残します(写真3)。
  4. テープをシリンダーにしっかりと入れて、外側の端から芽をねじり始めます。
  5. 花が完全に形成されたら、層を少し緩めます。
  6. 結論として、フォームの固定には、テープの中央部分を製品の底面に接着します。
  7. あなたが工芸品に基づいて空きスペースを埋めるために必要とするだけ多くの芽を作ります。

ご覧のとおり、バラは非常に簡単に紙から作られています。 段階的に作業を行うのは簡単ですね。

コンポジションデザイン

必要な数の花を用意したら(写真4)、工芸品の組み立てに進みます。 これを行うには、まず必要なサイズ(50〜60 cm)の円の形をしたボール紙(または梱包箱から)の基礎を作ります。 その後、直径10〜15cmの穴をあけ、その後、増量層をベースにしっかりと固定し(ロール状の合成繊維、紙など)、プリフォームに花を付けます。 完成したコンポジションにニスとスパンコールをスプレーしてテープで結びます。 ご覧のとおり、紙からバラを簡単に作成する方法に関するこの説明は、子供でもオリジナルの工芸品を作成するのに役立ちます。 主なもの - 指示に従うための指示を提供し、少しの努力と忍耐を添付する。

段ボール紙(バラ)から花を作るには?

より信憑性のあるブーケは、異なる技術を使って得られます。 ピンクと黄色の色の作業段ボール紙、鉛筆、はさみ、のり、糸を用意します。 またバラの茎には、緑色の色合いのワイヤーと紙が必要です。 ピンクの紙の上にいくつかの異なる花びら模様を描き、それらを切り取ってから、サンプルを使って必要な数の花を作ります(写真5)。 そして黄色の「おしべ」を作ってください - 一面にフリンジの形で切られた数層の長方形。 一般的に、花が青々としているためには、少なくとも20種類の花弁が必要です。 その後、花びらを重ねることによって、中間の挿入から段階的な芽の生産まで、段階的な花の組み立てを始めます(写真6)。 完成した紙製のバラのつぼみは、底に糸で固定され、緑色の紙で飾られています。 作業の開始時に、すぐにワイヤの真ん中に配置することが可能です - 将来のステム。

ブーケデザイン

緑色の紙を使って葉を作ります。 それから、下から始めて、らせん状に動いて、長いストリップでワイヤーを包みます。 芽に近いほど、互いに少し離れたところに数枚の葉を離して置いてください。 少なくとも5〜7本の花を作る。それぞれが前のサイズと異なる場合がある。 完全に開花していない芽と組み合わせて完全に明らかにされた花からの組成物は非常に自然に見えます。 紙からバラのような元の花束は、任意のインテリアを飾ります。 そして最後の仕上げは、組成物の「香り付け」です。花にお気に入りの香水をふりかけます。 説明のつかない美しさ!

自分の手で段ボール紙のヒヤシンスを作る方法サイザルのクリスマスツリー - 友達や親戚へのプレゼントに最適キャップ「パンダ」 - 気分を良くしよう!柔らかいおもちゃを模様に縫う学校のクールなコーナーはそれを自分でやるクリスマスクロスステッチ、ミニチュア子羊のコスチュームはそれを自分でやるお手持ちのバッグ:パターン、素材、写真