FoodPro Preloader

モジュールや3次元の折り紙から折り紙の虎


面白いペーパークラフトはいたるところで知られています。 しかし、日本人だけが普通の紙を折りたたみ、そこから数字を作り出し、芸術のレベルまで引き上げました。 このプロセスを意味する「折り紙」という言葉でさえ、名目上のものとなり、それ自体が真の創造性の美しさと謎を伝えています。 日本人にとって、古代の伝統と現代の技術の組み合わせは自然現象であり、それは生活のあらゆる面に当てはまります。 この傾向は紙のモデリングに影響を与えました。 折り紙の手法で作られた虎がより早く平らで模式的であったならば、それからモジュール式の折り紙の方法を使うと、それは本当に本当の立体的なおもちゃのようになります。 これが「3D折り紙」と冗談で呼ばれているモジュラー折り紙が動物やおとぎ話のキャラクターの紙モデルを作成する上で非常にファッショナブルなトレンドになった理由であると考えられます。 モジュラー折り紙は通常のものとは異なり、優美なフィギュアはさまざまな部品(モジュール)から組み立てられています。それぞれの部品は別々のシートで構成されています。 ほとんどのモジュールは三角形ですが、必ずしもそうではありません。 すべての部品は、あるモジュールを別のモジュールに挿入することによって接続され、摩擦力によって一緒に保持されています。 モジュールから折り紙の虎を作成するのは困難で骨の折れるものですが、驚くほど魅力的なもの

面白いペーパークラフトはいたるところで知られています。 しかし、日本人だけが普通の紙を折りたたみ、そこから数字を作り出し、芸術のレベルまで引き上げました。 このプロセスを意味する「折り紙」という言葉でさえ、名目上のものとなり、それ自体が真の創造性の美しさと謎を伝えています。 日本人にとって、古代の伝統と現代の技術の組み合わせは自然現象であり、それは生活のあらゆる面に当てはまります。 この傾向は紙のモデリングに影響を与えました。 折り紙の手法で作られた虎がより早く平らで模式的であったならば、それからモジュール式の折り紙の方法を使うと、それは本当に本当の立体的なおもちゃのようになります。 これが「3D折り紙」と冗談で呼ばれているモジュラー折り紙が動物やおとぎ話のキャラクターの紙モデルを作成する上で非常にファッショナブルなトレンドになった理由であると考えられます。

モジュラー折り紙は通常のものとは異なり、優美なフィギュアはさまざまな部品(モジュール)から組み立てられています。それぞれの部品は別々のシートで構成されています。 ほとんどのモジュールは三角形ですが、必ずしもそうではありません。 すべての部品は、あるモジュールを別のモジュールに挿入することによって接続され、摩擦力によって一緒に保持されています。 モジュールから折り紙の虎を作成するのは困難で骨の折れるものですが、驚くほど魅力的なものです。 仕事のためにそれは2色のモジュールを使うことが望ましいです:オレンジと黒。 それからトラは明るくそしてより特徴的になる。 折り紙の虎を作る方法について多くの興味深くそして時にはユニークな計画と指示があります。 しかし、多くの場合、それらを使用しても、許容可能なデザインを作成することは必ずしも可能ではありません。

最善の選択肢は、まずより単純なタイプのモジュール式折り紙についてモデリングスキルを試し、次にもっと真剣なものに取り組むことです。 非常に単純なのは、トラの形をした紙マスクヘッドマスクを折りたたむパターンです。 それが単に美しいという事実のほかに、そのような帽子はまた新年の衣装の一部として使用することができます。 この方式のすべての部品(モジュール)は、リング状に接続されています。 1つのモジュールはトラの顔を表します、残りは頭の上にマスクを保持するために必要です。

モジュールから虎の折り紙のヘッドドレスマスクを折り畳むためには、オレンジ色の用紙A4を3マスにする必要がある。 それらに加えて、あなたは19センチメートルの長さと幅を持つ別の正方形が必要です。 すべてのシートは片面だけに塗ることが望ましいです。 さらに、3つの大きな正方形のそれぞれは、対角線上に半分に折り曲げられ、上部および下部の角が図の中央に向かって曲げられ、その後、ブランクが裏返される。 部品の上部は中央の水平に落ち、反対に下部は後方の三角形を引き出すことで上昇します。 下の角は、上が図形の中心になるように折りたたまれています。 同様の動作は上隅でも行われます。 3つすべての既製モジュールが1つのレーンに接続されています。 折り紙虎モジュールの銃口は、中央部分になります。

残りの小さい正方形から三角形が形成され、それから半分に折り畳まれます。 側面の角は中央に向かって曲がっていますが、手の届かないようになっています。 鋭角は落ちます - これが耳です。 折り目が片方の耳からもう片方の耳に向くように直角に曲げ、その後ワークピースをひっくり返します。 ヘッドはマスクベースの中央モジュールに接着されています。 頭の上の目、鼻、縞はアップリケテクニックを使って演奏されます。 リングの細部すべてを接続した後、モジュールからのトラの折り紙のマスクは準備ができています。

そのような単純な折り紙モデルの作成でさえも特別な集中力と忍耐力が必要ですが、同時にこの種の創造性は脳の両半球の働きを活性化し、優れた開発手段となります。