FoodPro Preloader

折り紙のテクニックを学ぶ:紙のモジュールを作る方法?


今日すべての手工芸品は世界中で信じられないほど人気が​​あります。 この事実それ自体は消費者社会の状況において逆説的である。何もかもが買われることができるが、人は創造するための肉体的な必要性を経験する。 これは本質的に固有のものであり、何らかの形でその方法を見つけなければなりません。 さらに、針仕事は神経系に非常にうまく機能します。手で作業すると人が落ち着きます。 大人と子供の一般的な趣味の1つは折り紙だと考えられています、そしてこのプロセスの始めは「紙からモジュールを作る方法は?」という質問を研究することです。 折り紙とは まず第一に、私はこのタイプの装飾的で応用的な活動は古代中国にその起源があると言わなければなりません。 彼らが最初に紙から置物を集めるようになったことがそこにありました、そしてそれからこの情熱は全世界に広がりました。 今日、学童でさえ簡単なペーパークラフトを折りたたむことができ、何人かの人々はそれを専門的に行います。 私たちの国では、そのような装身具の構成要素は最もよくkusudamaと呼ばれています。 ちなみに、モジュールからの折り紙は特別な種類の作業であり、単純な技術とは多少異なります。 この方向は個々の部分からの図の収集を含みます。 原則として、そのようなペーパークラフト、そのためのモジュールは異なる色およびサイズのものであり得るが、それらのデザインの複雑さ

今日すべての手工芸品は世界中で信じられないほど人気が​​あります。 この事実それ自体は消費者社会の状況において逆説的である。何もかもが買われることができるが、人は創造するための肉体的な必要性を経験する。 これは本質的に固有のものであり、何らかの形でその方法を見つけなければなりません。 さらに、針仕事は神経系に非常にうまく機能します。手で作業すると人が落ち着きます。 大人と子供の一般的な趣味の1つは折り紙だと考えられています、そしてこのプロセスの始めは「紙からモジュールを作る方法は?」という質問を研究することです。

折り紙とは

まず第一に、私はこのタイプの装飾的で応用的な活動は古代中国にその起源があると言わなければなりません。 彼らが最初に紙から置物を集めるようになったことがそこにありました、そしてそれからこの情熱は全世界に広がりました。 今日、学童でさえ簡単なペーパークラフトを折りたたむことができ、何人かの人々はそれを専門的に行います。 私たちの国では、そのような装身具の構成要素は最もよくkusudamaと呼ばれています。 ちなみに、モジュールからの折り紙は特別な種類の作業であり、単純な技術とは多少異なります。 この方向は個々の部分からの図の収集を含みます。 原則として、そのようなペーパークラフト、そのためのモジュールは異なる色およびサイズのものであり得るが、それらのデザインの複雑さによって区別される。 しかし、基本的な要素の作成には難しいことは何もありません。そして、これについては後でもう少し説明します。 しかし、紙からモジュールを作る方法を理解する前に、あなたは手工芸品のための材料についていくつかの単語を言う必要があります。

文具市場には非常に多くの種類の紙があり、原則として、お土産を作るためにどんな紙も使用することができます。 しかしモジュラー折り紙のオフィスには最適です。 それは十分な密度を有し、さらに表面はあまり光沢がないので、それを使用するのが便利です。 さらに、いくつかのモデルのために異なる形状の適切なステッカー。 また、紙から(モジュールから)折り紙の技法で工芸品を作るために、あなたは「折り紙のための紙」と呼ばれる特別な材料を使うことができます、そしてあなたは子供の創造性のために設計された普通の多色セットを購入できます。

折りたたみモジュール

折り紙パーツを折りたたむには、スキルと明確な例が必要です。 紙モジュールの作り方 下の図に示されている図は、この問題を解決するのに役立ちます。 当面の間は、キーポイントに注目してください。 将来の製品のサイズは仕事のために選ばれたリーフレットのサイズによります。 単純なA4のシートが通常とられ、等しい部分に分けられます。 ほとんどの場合、モジュールには1/16または1/32パーツを使用します。 紙からモジュールを作成する方法を検討する際の2番目の重要なポイントはツールです。 定規やナイフなどの文房具が必要になります。 用紙の端が滑らかで鋭利になるように、用紙を慎重にカットする必要があります。 この目的のためのラインはプラスチックか金属から選ばれます、そしてそれはナイフで損傷するのが難しいです。 ほとんどの場合、折り紙を作成するのに糊は必要ありませんが、一部のモジュールでは部分糊付けが必要です。 これらの目的のために、厚いPVAを選びなさい。 それでも針を使って便利な絵の具や糸になることができます。 それらはモジュールを接続し、それらの裁量でそれらを着色するために必要とされるでしょう(紙が白の場合)。 芸術的な水彩画の助けを借りて、あなたは1つの色から別の色への美しい転移を成し遂げることができるだけでなく、部分にオリジナルのパターンを適用することもできます。

折りたたみ技術

折り紙のモジュールアセンブリは何ですか? 要素を折りたたむ方法がいくつかあることをすぐに確認してください。 最初のものはスキャンです。 これも方法ではなく、むしろ作業の準備段階です。 スイープは、モジュールが折り畳まれる用紙のレイアウトです。 すべての作業は、曲がりが通るシート上に線が引かれるという事実にあります。 このオプションは、スキームに従って折り紙を折りたたむよりも少し複雑ですが、同時に利点があります。

2つ目の方法は、湿式折り紙です。 このテクニックはずっと前に発明されたもので、モジュールを滑らかで柔軟な形にすることを可能にします。 この方法は紙から鳥や花を作成するために使用され、それは工芸品は元のものと非常に似ていることに留意すべきです。 しかしすべての紙が湿った装置に適しているわけではありません。 この場合、どの接着剤が使用されているかを製造する際にシートが必要になります。これらは通常高密度の品種です。

モジュールの折り方

三角ブランクは、モジュラー折り紙で最もよく使用されます。 これが最も一般的なタイプです。 それでは、三角紙のモジュールの作り方を説明しましょう。 それについて複雑なことは何もありません。 あなたはただ次の指示に従う必要があります。

1.選択した用紙を半分に折ります。
2.中央の線を形成するために、結果の長方形を横切って折ります。
3.モジュールの端を真ん中に折り、裏返します。
4.底を包みます。
5.結果として得られる大きな三角形の角を折り曲げてから、それらと底面を曲げます。
6.折り目の上に角を折り、底を持ち上げます。
7.モジュールを半分に折ります。

結果は要素になるはずです、その2つの下の角はお互いに取り付けることができます。 そのようなモジュールからあなたは花や鳥、花瓶やキャンディーボールを集めることができます。 創造的になりましょう!

自分の手で段ボール紙のヒヤシンスを作る方法サイザルのクリスマスツリー - 友達や親戚へのプレゼントに最適キャップ「パンダ」 - 気分を良くしよう!柔らかいおもちゃを模様に縫う学校のクールなコーナーはそれを自分でやるクリスマスクロスステッチ、ミニチュア子羊のコスチュームはそれを自分でやるお手持ちのバッグ:パターン、素材、写真