FoodPro Preloader

紙折り紙の種類


折り紙 - 紙から様々なフィギュアを作る技術。 折り紙は古くから知られており、紙が発明された中国で生まれました。 後に、面白いテクニックが日本にやってきて、そこでそれは本当に大きな人気を得ました。 折り紙の歴史 当初、この種の芸術は本質的に宗教的であり、紙の数字は神聖な儀式で使用されていました。 折り紙の指導は上流階級でしか利用できず、とても重要なスキルと考えられていました。 第二次世界大戦後、折り紙は世界中に広がり、大人だけでなくさまざまな年齢の子供たちにも関心を寄せました。 オリジナルの折り紙は、マルチカラーの正方形の紙を使用しています。 はさみやのりは伝統的な技術では使われていません。 しかし、ペーパークラフトの現代美術では時々規範から出発します。 折り紙の種類 あなたが工芸品を作り始める前に、あなたはテクニックの種類に精通しておくべきです。 次の種類の紙折り紙があります。 モジュラー折り紙 一枚の紙を折る最も人気があり、時間のかかるテクニックの1つです。 これは、いくつかのブロックまたはいわゆるモジュールからなる、大きな3次元形状を作成するために使用されます。 最初は、いくつかのコンポーネントが同じまたは異なる用紙サイズで構成されていますが、次に互いに投資するだけで、完成した構成になります。 摩擦力は構造全体を崩壊させることはできません。 モジュラー折り紙の顕著な例は、休日の

折り紙 - 紙から様々なフィギュアを作る技術。 折り紙は古くから知られており、紙が発明された中国で生まれました。 後に、面白いテクニックが日本にやってきて、そこでそれは本当に大きな人気を得ました。

折り紙の歴史

当初、この種の芸術は本質的に宗教的であり、紙の数字は神聖な儀式で使用されていました。 折り紙の指導は上流階級でしか利用できず、とても重要なスキルと考えられていました。

第二次世界大戦後、折り紙は世界中に広がり、大人だけでなくさまざまな年齢の子供たちにも関心を寄せました。

オリジナルの折り紙は、マルチカラーの正方形の紙を使用しています。 はさみやのりは伝統的な技術では使われていません。 しかし、ペーパークラフトの現代美術では時々規範から出発します。

折り紙の種類

あなたが工芸品を作り始める前に、あなたはテクニックの種類に精通しておくべきです。 次の種類の紙折り紙があります。

  • モジュラー折り紙 一枚の紙を折る最も人気があり、時間のかかるテクニックの1つです。 これは、いくつかのブロックまたはいわゆるモジュールからなる、大きな3次元形状を作成するために使用されます。 最初は、いくつかのコンポーネントが同じまたは異なる用紙サイズで構成されていますが、次に互いに投資するだけで、完成した構成になります。 摩擦力は構造全体を崩壊させることはできません。 モジュラー折り紙の顕著な例は、休日の装飾によく使用され、おそらく多くの人に馴染みのある容積式ボールです。
  • 簡単な折り紙 - 初心者や障害者用にデザインされた折り紙の種類。 それは最初にイギリスの折り紙ファンJohn Smithによって開発されました。 このシステムでは、山と谷の折り目しか使えません。 そしてこれは、今度は、古典的なテクニックから最も複雑なテクニックを使うことの不可能性を意味します。 それゆえ、複雑な操作なしで所望の結果を達成することを可能にする新しい技術が開発されている。
  • スキャンの折りたたみ これは折り紙の一種で、将来のモデルのすべての曲がりがすでに見えている図面です。 スキャンで折りたたむことは、折り紙の標準的なタイプよりも難しいですが、それは図を折り畳む方法のまさしくその考えを与えるだけでなく、この計画がどのように開発されたかについても示します。 このスキャンは、新しい折り紙図を作成する方法としても使用されます。
  • ぬれた折りたたみ 。 水で湿らせた紙を使用してAkira Yesidzyawaによって開発された方法がなければ、折り紙の技法の種類は完全ではありません。 湿式折りたたみは、動植物の置物を作成するために広く使用されています。 紙を湿らせると、線が滑らかになり、表現力が増し、さらに一定の剛性が得られます。 このタイプの創造性のためには、特殊な紙が適しており、その製造において水溶性のりが加えられる。

  • キリガマ これが唯一の折り紙で、はさみを使うことができます。 立体的な要素を持つ美しいカードを作成するために使用されます。
  • モネガミ 自分のお金をどこに置くかがわからなくなったり、反対に経済的な成功を彼らの側に引き付けようとしている人には理想的な芸術の一種です。 このスタイルの数字は紙幣でできています。
  • クイリング 本格的な絵を描くのに適しています。 紙は特別な方法でひねられて望みの形になります。 それからそれは基盤に接着されます。 この手法は複雑ではなく、かなり時間がかかります。

くすだまテクニックとは

モジュール式折り紙の種類は、Kusudama技術とよく混同されます。これは、モジュールから円形の立体形状を作成することも意味します。 違いは、モジュール式折り紙では、ボールの構成要素が互いに挿入され、クスダムで一緒に接着またはステッチされることです。

折り紙の選び方

紙は折り紙をするときに最も重要な要素です。 折り紙の種類と技術は多様であり、異なる密度と品質の紙が必要です。

2つのパーティからの、あまりにも滑らかではない、中程度の密度の事務用紙は、モジュール式折り紙に最適です。 紙の品質は、折り目が白くならないという事実によって決まります。

レコード用のマルチカラーステッカーは、Kusudama、またはモジュラー折り紙によく適しています。 三角形のモジュールは長方形のシートでできているので、正方形のステッカーを半分に切ると、三角形のモジュールに適したベースになります。 修正を必要としない長方形のステッカーがあります。

このタイプの芸術のためのセット

折り紙用にデザインされた特別な紙があります。 それは、原則として、さまざまなサイズの正方形にすでにカットされて販売されています。 セットには、色の異なる複数のシート(片面が白、もう一方の色)または飾り付きの紙があります。

子供用にも同様のセットがあります。 違いは、モジュール式折り紙は同じ色の紙をたくさん必要とし、子供用のセットには多種多様な色があることです。 しかし、子供用のセットでは、稀な色、例えば黒や茶色の色合いを見つけることができます。

奇妙なことに、ジャーナル紙もこの創造的なプロセスで使われています。 その品質の特徴は図を作成するのに非常に適しています、そして碑文とイメージは面白い飾りを保証します。

紙の図を作成するための追加のツール

便利な定規とペーパーナイフのモジュールを作成する。 紙を作業用に準備するには、平らな長方形に事前にカットする必要があります。 何枚かの紙を重ねて、定規で印を付け、ナイフで切ることで、より早くなります。 この操作をするはさみはあまり便利ではありません。

モジュラー折り紙はのりの使用を規定していません、しかし、もし私たちが子供のおもちゃや贈り物について話しているなら、それはクラフトをより強くする価値があるかもしれません。 Kusudame「スーパーボール」を組み立てるとき、個々のモジュールが針で糸によって正確に接続されるので、糸は必要とされるでしょう。

「顔」の要素、目、鼻、アンテナ、リボン、さまざまな弓を事前に用意する必要があります。

折り紙モジュールの種類は非常に多様です。

  • フラット - モザイクに使用されます。
  • ボリュームのある、クスダムや様々なフィギュアが作られています。

三角モジュールの作り方

三角モジュールは一組の手工芸品の基礎です。 簡単にするために、以下のヒントに従ってください。

  1. 長方形の一枚の紙を切り、それを縦に半分に曲げます。
  2. 真ん中を見るためにシートを横に曲げます。 元に戻す 角が上を向くようにシートを置きます。
  3. 上端を中央に折ります。
  4. 反対側を向いてみましょう。
  5. 下の方が上に曲がっています。
  6. 側面が膨らんでいる小さな角は、主三角形を通って曲がっています。
  7. 角と底を広げる。
  8. すべて戻って底を上げます。
  9. 半分に曲げます。 結果は2つの頂点と2つのポケットを持つ三角形のモジュールでした。 他の構成要素をこれらのポケットに挿入することができる。

折り紙の良い面

紙の折り紙は面白くてエキサイティングな活動です。 大人も子供も彼を愛しています。 3歳から15歳までの折り紙の子供たちと関わるのに特に便利です。 この芸術形態は手のそり、空間的想像力および創造的思考を発達させます。

さらに、短い練習の後、あなたはあなた自身の手であなたの愛する人への贈り物をすることができるでしょう。 新しいおもちゃから子供たちの喜びを過大評価することは困難です。

だからあなたは折り紙を学ぶときに後悔しないでしょう。

自分の手で段ボール紙のヒヤシンスを作る方法サイザルのクリスマスツリー - 友達や親戚へのプレゼントに最適キャップ「パンダ」 - 気分を良くしよう!柔らかいおもちゃを模様に縫う学校のクールなコーナーはそれを自分でやるクリスマスクロスステッチ、ミニチュア子羊のコスチュームはそれを自分でやるお手持ちのバッグ:パターン、素材、写真